中高年が介護職に転職をしてやっていけるのか?

介護の現場で中高年の方の活躍をよく見ます。 介護は現在、同じように中高年の方が活躍している現場なので、違う業種からの転職だったり、再就職で社会復帰という方でも働きやすいと思います。 そして、実際に採用されやすいということもあると思います。 ただインターネットを見ていると、「思っているより大変な仕事だ」とか書いてありますよね?だから自分はやっていけるのか心配してらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 結論からいえば、可能です。 実際に中高年で介護職に転職をして活躍をしていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますので、決して難しいことではありません。 ではなぜ厳しい仕事と言われるのでしょうか? 実際に働く人の声は? 私は仕事柄、介護施設で現場で働く方とよくお話します。 もちろん専門学校などから、新卒で入社している若い方もたくさんいてますが、実際活躍しているのはおそらくあなたのような中高年の介護士の方たちです。 もちろん再就職で他の就職先がないという理由もあると思いますが、おそらくあなたが思っているより生き生きと働いています。 なぜそんなに生き生き働けるのか聞いてみると「必要としてくれる利用者さんがいるから」とおっしゃるんです。もちろん、利用者さんを抱えたり、大変な仕事もたくさんあります。 でも実際大変なのはどんな仕事でも大変なんですよね。 介護職というのは離職率がかなり高い仕事なのですが、それは職場が厳しいというので…

続きを読む

【スタッフサービス・メディカル】で介護の求人や看護・医療系のお仕事を探す

―【スタッフサービス・メディカル】のおすすめポイント― ■スタッフサービス・メディカルで掲載中の総求人数は25,000件以上 介護派遣に特化したサービス。 スタッフサービス・メディカルで掲載中の総求人数は25,000件以上。そのうち、介護士やヘルパーの求人数は15,000件以上となっています(看護助手も含む)。さらに、派遣と紹介予定派遣の求人数は10,000件以上と、まさに派遣に特化した介護求人サイトと言えます。 また、スタッフサービス・メディカルは数少ない全国対応の介護派遣会社で、お仕事説明会&登録面談も各都道府県で定期的に開催されています。 ■無資格・未経験・中高年でも登録可能! 「資格を持っていないから」「介護経験がないから」「もう50代だから」と介護士への転職をあきらめた方も少なくないはず。そんな方はスタッフサービス・メディカルに登録しましょう。 スタッフサービス・メディカルが公開しているデータによれば、登録スタッフの約55%が介護とは全く関係のない業種からの転職とのことです。さらに、介護派遣スタッフとして働いている方の31%が40代、20%が50代、6%が60代と、中高年が活躍できる会社です。介護業界での40代~50代はまさに現役。体力と根性に自信がある方なら、年齢なんて関係ありません。 ■お友達紹介で最大7,000円分のQuoカードがもらえる! スタッフサービス・メディカルに登録してから、お友達をスタッフ登録に紹介すると、紹介特典として自分とお友達に2…

続きを読む

介護職で派遣社員で働くということのメリットとデメリット

派遣社員で働くことって、将来性がないから 不安だと思いませんか? でも介護職に関しては、派遣で働いていても特に問題はありません。 なぜなら派遣の方が給料が高いし、残業も少ないから。 そして正社員になろうと思えばすぐになれるからです。 介護職の派遣は高時給 介護職は給料が低いことで有名ですよね。 介護の初任給は手取りで15万円行かない所がほとんどで昇級はほぼありませんので 、夜勤手当や資格や役職手当で給料をあげていくしかありません。 正社員介護士の平均月収は194,709 円(平成26年度「介護労働実態調査」より) で月に残業20時間を含めて200時間働いたとして、時給に換算すると約973円。 一方介護職員の派遣の時給は1200円〜からというのが妥当で、有料老人ホームなどを選べば、1400円の時給も選べます。フルタイムで働いたとして、残業20時間込みと月収は1200円であれば25万円を超えますし、1400円であれば30万円も見えてきます。 だから時給だけを考えても、派遣社員はかなり時給が高くなるので、給料がもう少しほしい場合は派遣社員という選択が一番手っ取り早い選択です。派遣なら残業代は必ず出ます このごろは残業のない施設も出てきましたが、いまだに介護の仕事の残業はつきものです。 介護の現場の仕事は忙しくて、トラブルになれば休憩にもいけない日もあります。それに加えて、記録などの事務作業も少なくありません。その作業はどうしても引…

続きを読む

介護職の職場で気持ちよく働くコツとは?

「介護職を辞める人」「施設を変えるために転職をする人」の 転職理由一位を知っていますか? 給与が低い、体力的に辛い、などいろいろな理由があるにしろ 実際の転職理由第一位は施設内のスタッフの人間関係なのです。 人間関係が耐えられなくて他の業種に転職する人 別の施設に転職していく人が、介護士の転職理由の1/3を占めているのです。 人間関係が辛いのはあなただけではありません、安心してください。 基本的には転職をすると、人間関係をはじめから作り直すことになるので おすすめしませんが、いじめがあったり孤立している場合は話は別です。 介護はチームプレーなので1人では仕事はできません。 どうしてもその施設の人間関係に馴染めないのであれば 人間関係がいい施設への転職をおすすめします。 介護職の人間関係の現状 介護職はよく人間関係が悪いと言われます。 女性社会だということもあります、 年配の経験の長い看護師が気に入らない新人さんを いじめることはよくあることなのだそうです。 いじめられないためには 「謙虚でいること」「素直であること」「先輩に気に入られること」 が大事だとは思いますが、仕事も大変なのに仕事をする以前に 人間関係で疲れてしまうなんてこともよくあります。 なぜ介護の仕事をしているのにそんなことをしないといけないのか? ミスをしたら「まだそんなこともできないの?」「昨日も言ったよね」と言われるし その他い…

続きを読む

介護職の転職で失敗したときにすべきこと

転職で失敗するとどうなると思いますか? 転職に失敗をして、そのまま現職で働き続けますか? 「あーまた転職しないとな」と思って 別の転職先が見つかればいいのですが、実際はそんな簡単にはいきません。 なぜなら1回転職をしてすぐに転職をしようとしても なかなか雇ってくれないのが実情です。 転職の候補先から「すぐに辞める人」だと思われてしまいます。 とくに、給料が高くて人間関係もよく働きやすい介護施設であれば、 人もあまり辞めないのでそこまで人材不足ではないはずです。 そうなれば、わざわざ「すぐに辞める人」を採用しなくても ずっと長く続けてくれる人を待って採用しればいいはずです。 だからもし転職に失敗をして、もう一度転職活動をして転職先が見つかったとしても 「人手不足で離職率の高いブラック介護施設」である可能性が高くなってしまいます。 転職を短期間に繰り返すのはNG 転職を短期間に繰り返すと良いことは絶対にない。 転職に失敗をすれば、我慢してそこで働き続けるか もしくはもう一度転職をするかの選択肢になると思います。 我慢して働き続けるのは間違いなく地獄ですよね? しかもまた転職をしても最初に言った通り、 本当に人材不足のブラック企業介護施設しか雇ってくれないと思います。 働き続けても、転職をしても地獄です。 だから最初から転職に失敗しないことが重要です。 もう一度勇気を出して転職を! 転職に失…

続きを読む