【介護業界の転職】介護職の面接で確認すべきポイント

【介護コラム】介護職の面接で確認すべき8つのポイント 介護業界は、他業界と比べてみても離職の多い業界と言われています。 身体的、精神的にもハードなのに関わらずお給料が見合わない、職場や被介護者や家族との人間関係が難しい業界と言われているもののいくつもの転職、離職を繰り返すのは、やはり良いことではありません。 今回は、介護職の方が離職しないために気を付けるべき【8つのポイント】を挙げていきたいと思います。 介護職の面接で確認すべき8つのポイント 介護職の需要と供給は、需要が高まり続けて、供給が追い付いていない状況で、年々その差が広がっています。 需要と供給のバランスがとれていない理由の一つに介護職の方々の離職が挙げられます。 介護職の離職率を下げるには政府、企業の努力が相当必要になってきますが、今回は求職者目線で転職時に離職を防ぐための心掛けを考えていきたいと思います。 【1】給与・待遇の確認 出来れば入社した際の自身の基本給、月給、賞与を確認しましょう。 賞与が出ると聞いていても、実際に基本給の何か月分が賞与になるのか、入社後いつから賞与を貰える権利が発生するのかなど、聞きにくい部分はあるとは思いますがしっかりと事前に把握しておくことで入社後のミスマッチを防ぐことができます。 入社してから待遇面で、話が違うということが起こらないよう事前ヒアリングは絶対必要です。 【2】休日・有給休暇の消化率の確認 休日がどのくら…

続きを読む

もっと見る